子どもの英語教育 ー国産バイリンガルが一人娘を思考力もあるバイリンガルに育てる方法ー 早期英語教育で日本語能力が育つ!?

幼児教育

こんにちは!Ms.Yamadaです!

英会話で子どもから保護者まで幅広い年齢層の英会話や英検などの英語、インターで日本語、探求学習など、幼児教育の20年の経験。自身は国産バイリンガルで、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、思考力も育てるバイリンガル教育アドバイザーとして、バイリンガル教育にご参考にしていただける知識をご紹介するブログ

 

早期英語教育をすることで、子どもたちの母語や他の能力の成長が遅れてしまうのではないかと心配される方も少なくないと思います。

 

☑ 早期英語教育の影響で発達が遅れてしまう!?
そうご不安に思われる方にご参考にしていただけるブログです。

早期英語教育で母語の発達が遅れてしまうって本当?

 

これについては研究結果が出いてます。

実は・・・・

まちがってます!!!

 

逆に、早期英語教育を正しくすることで、「言語」に対して興味を持つ子どもが多く、母語についても相乗効果で伸びているという研究結果もあります。

 

※ただし、正しくということが大事。

英語教育に熱心だったり、興味のある方は「ダブルリミテッド」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

そこで、早期英語教育は母語の発達や成長に遅れが出てしまうというような噂を聞きます。

 

しかし、日本にいながら、過度な英語教育をしないかぎり、この「ダブルリミテッド」の恐れはかなり少ないです。

過度な英語教育とは、両親ともに日本人である子どもで、日中インターナショナルスクールなどの英語を話す環境にありながらも、お家でも両親が英語で話しかけることなどのことを言います。
ただし、ここにも個人差があり、そのような環境下で育つ子どもでも、両方、もしくは第三言語、第四言語など多くの言葉を高いレベルで習得している子どもたちも見てきました。

 

早期英語教育は母語の発達を遅らせるのではなく、逆に、認知面、学力、知的発達にプラスの影響を与えるという研究結果も紹介されています。

 

バイリンガルに育った子どもたちの国語力

 

現在、私は神戸にあるEnglish Preschoolで、日本語を使い探求学習を担当しています。
レッスンの中では子どもたちの興味・関心をより深める活動をしています。
子どもたちはレッスンの中で日本語の「文字」に対しても強い関心を示す子も多いです。

例えば、以前オリンピック・パラリンピックの参加国を調べて地図を作る活動の中、子どもたちはカタカナで国名を書くことに一生懸命でした。
さらに、日本語での国名と、英語での国名の違いなど、言葉から文化、そして文化から言葉へと興味を膨らませていきました。

以前から、なぜ子どもたちが「文字」に対して自然と関心を持つことに不思議でしたが、これはこの本にあるように、英語を学習する事で、母語の「文字」に対する関心も高まるのかもしれません。
アルファベットに比べてカーブや交差することの多い平仮名は子どもたちにとって書く事が難しいのですが、アルファベットを書く事で、「書くこと」に自信を持ち、「書いて伝えたい!」という気持ちが自然と生まれるのかもしれませんね。

公立の小学校に進学された子どもたちの保護者の方からは国語の成績はいいと聞いています。さらに、国語の成績だけでなく、引っ込み思案だった子のお母さまからわざわざお電話をいただき、先生に、「発想力が豊かで、積極的に活動にも参加しています。大きな声を出して発表するというよりは、しっかりと自分の番に、自分の意見を伝えることができています。」と褒めてもらったそうです。

中国系の小学校に進学された子どもの中には、日本語、英語、さらに中国語を勉強する子どももいます。
その子どもたちを見ていても、全ての言語において優秀な成績をおさめているようです。

私が担当するのは幼児期の子どもたちのため、小学生以降の国語の成績についてはあまり情報が少ないのですが、娘を見ていると主語述語など、国語での文法の学習に関して、理解が早いと感じました。
日本語では主語が抜かされることが多いのに比べて英語では必ず主語がつきます。

まだ小学生では少し実感はありませんが、より高学年、中学、高校に上がれば上がるほどその能力が発揮されるかもしれませんね。

 

早期英語教育をすることで、国語力以外にどんな力が育つ??

 

「バイリンガル教育の方法」という本には「小学校英語教育に賛成する理由」について、6項目あげられていました。(P.117~)

ここでは「日本語力が強まる」と言う事に関してすでに上で述べているので、その項目と、日本で英語を学習する幼少期の子どもたちにはあまり関係のない2つを省略し、3つの項目をについて、私が実際お預かりをして身近に感じる、3歳からの英語教育をすることで育つ力をご紹介させていただきます。

 

1、 自然に言語を学べる言語形成期をフルに活用

 

「自然に言語を学べる言語形成期」とは、この本では2歳くらいから14、5歳くらいとされています。
私は個人的には3歳くらいから小学校2年生くらいがベストだと思っています。(もちろん個人差あり)

3歳ごろの子どもたちは、成長過程において、平行遊びから連合遊びや、共同遊びに変わる子どもたちが多くなります。
つまり、自分だけの世界からどんどん外の世界に興味を持つようになります。

さらに、文字に興味をもったり、言葉を使って自分の気持ちを伝えられる子が多くなるからです。

 

そして、小学校2年生ごろと言う理由は、まだ小学校2年生くらいまでの勉強であればほとんどの子が余裕があり、まだ恥ずかしさもそこまでないからです。

3年生ごろからは算数の内容が難しくなったり、教科も生活科から理科と社会科の2教科に分かれ、宿題が増える学校も多いです。
さらに、3年生になるとお年頃で、恥ずかしがる子が多くなるように思います。

そのため、まだ時間に余裕があり、恥ずかしさも少ない3歳~小学校2年生くらいからスタートすることをお勧めします。

もちろん、その後からスタートすることも遅すぎるということはありません。
私自身、中学生になる少し前からのスタートで、会社や友人たちとの会話に困ることはない程度のバイリンガルにはなれています。

 

2、異文化理解と異文化受容

 

私の個人的な感想でいうと、早期英語教育の一番のメリットはここにあるように思います。

英語を習得することは、ある程度年齢が上がってもできます。
しかし、英語を少し勉強し、異文化を知ることができたとしても、「受容」というところまではなかなか難しいです。

例えば、私がまだ二十歳前後の時、ニューヨークにいったことがあるのですが、ある大学の中で急に黒人の方に話しかけられたことがあります。
今思えば大変失礼なことをしたのですが、自分の何倍もあるがたいのいい黒人の方に話しかけられた私はパニックになり、私のとった態度は日本人の悪い癖「笑ってごまかして逃げる」でした。
今思えばそういう態度が「差別」につながるのでは・・・と反省しています。
(ちなみに、私は黒人の俳優のウェズリースナイプスさん大好きです!)

こんな風に、「知ってること」と、「体験していること」では、実際にそういう場面では違った反応をしてしまいます。
私がもっと英語が話せて、いろんな国から来た人とと接する機会があればあんなに失礼な態度をとることはなかったでしょう・・・。

本にもあるように、できるだけ小さなうちから質の高い異文化体験を与えることは大切だと思います。

 

3、複眼的思考力と言語分析力を高める

 

本の中では、以下の4つがあげられていました。

1、思考の柔軟性があること
2、言語に対する理解、言語分析力に優れる
3、相手のコミュニケーション・ニーズにより敏感である
4、言語によって人種偏見をしない

全てを詳しくはかきませんが、そのうちの一つの「1、思考の柔軟性」について、実際、バイリンガルの子どもたちを見ていると発想力が豊で、一つの物に対しても多面的な見方ができるように思います。

 

特に、日本のように同調圧力の強い国ではその発想力の豊さは顕著に表れるのではないかと思います。
これが「バイリンガルの子って、ちょっと変わってるよね・・・。」と言われがちな理由かもしれません。
ただ、日本にいたら「バイリンガルの子って一人違うことしてて変わっている・・・。」
逆に海外から見たら「日本人って、みんな同じことしてて、変わってる・・・。」
視点を変えればどちらが変わっているのかはわかりません(笑)

 

実際、うちの娘が小学校に進学した際、「失礼やけど、変わってるよね。」って言われたそうです。
そんな時に娘は「失礼やと思うんやったら言わんといてくれる?」と返したそう。

バイリンガルの子は芯の強い子が多いのかも・・・!?

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

ただし、バイリンガルの教育の正しい方法は一つではありません。
言語はとても目には見えにくい能力で、バランスがとても大切です。

こちらのブログでは3か国学習する子の成績は悪くないとも書きましたが、もちろん現時点でのことで、残念ながら今後言語の能力やそれが他の能力にどう影響を及ぼすかまではわかりません。

簡単に何歳だからこれが出来る、○○ちゃんができならあなたもできるなど、簡単に判断するのではなく、「バイリンガルに育てる!」と決めたのであれば、お子様をしっかりとみあげてくださいね。

今回は、「バイリンガル教育の方法」の本を参考に書かせていただきました。

学術的な本なので、あまり本を読まれない方だと少し難しく感じるかもしれませんが、とっても大切なことが書かれているので、お子様をバイリンガルに育てたいと思っていらっしゃる方はぜひぜひ読んで頂きたい一冊です。

完全改訂版 バイリンガル教育の方法 (アルク選書) | 中島 和子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで中島 和子の完全改訂版 バイリンガル教育の方法 (アルク選書)。アマゾンならポイント還元本が多数。中島 和子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また完全改訂版 バイリンガル教育の方法 (アルク選書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
Ms.Yamadaプロフィール

Ms.Yamadaプロフィール

大手英会話スクールにて、英会話講師としてキャリアをスタート。インターナショナルスクールでは、Assistant Teacher、日本語講師として経験を積みながら、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の免許を取得。

幼児教育英語教育
msyamadaをフォローする
幼児教育 ブログ – Ms.Yamada's Blog

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました