いろんなエビデンスのない育児書

幼児教育

図書館にはいろいろ本がありますね!いろんな本を読むことで先人のいろんな知識を取り込むことができ、自分の知識にすることができる!

ただ・・・、本当に気を付けてほしいことがたくさん!!!中でも育児書は本当に気を付けてほしいです!!!日本人は特に騙されがちとよく言われます。

なので、私は、どんなに偉い人が書いている本であっても、8割で読みます。(エビデンスのない本は2割。)その人にとっては正解であっても、子どもは十人十色で、自分の子どもに必ず当てはまるわけではないからです。

今日は本当にひどい本に出合いましたよ(笑)タイトルは出せませんが・・・。

とにかく、「〇歳までに」と書かれている本があまり好きではありません!!

だって、子ども、しかも乳幼児期の子どもの成長って本当に個人差が大きい。なのに、3歳までにこんな教育をしましょうだなんて、エビデンスもなしによく言えるなぁ・・・って思いませんか?

 

ちなみに、こちらは私の3歳までに子どもに大切なこと。(エビデンスなしの私の意見です(笑))

私は乳幼児期の子どもに親ができることは、

①たくさん話しかける(目を見て)

②いっぱい歩く

③スキンシップをたくさんとる

つまりは愛情をかけてあげることが一番大切だと思います。

親からの愛がすべての土台ですよ。

何かしなきゃと焦らなくても全然大丈夫!!エビデンスもない本に振り回されないでください(笑)

ちなみに、おすすめの本は「おすすめの本」でカテゴライズしていますので、ご参考にしてみてくださいね!

※近くにこんないい図書館があったら毎週行くのになぁ…。まっぴーの読んでる本は「仏教のひみつ」(笑)渋すぎ!!!

 

 

 

 

 

Ms.Yamadaプロフィール

Ms.Yamadaプロフィール

大手英会話スクールにて、英会話講師としてキャリアをスタート。インターナショナルスクールでは、Assistant Teacher、日本語講師として経験を積みながら、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の免許を取得。

幼児教育 日常について
msyamadaをフォローする
幼児教育 ブログ – Ms.Yamada's Blog

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました